MENU

感染対策

病原体別感染対策

ノンエンベロープウイルスとは

ウイルスは、その構造から、大きく2つに分類されます。
ウイルスの構造は、脂質を含むエンベロープと呼ばれる膜で包まれているもの(エンベロープウイルス)と、エンベロープを持たないもの(ノンエンベロープウイルス)があります。
消毒剤の効果は、エンベロープの有無によって異なります。エンベロープウイルスは、消毒薬によるダメージを受けやすく、アルコール製剤が効きやすい特徴があります。一方、ノンエンベロープウイルスは、ダメージを受けにくく、一般的なアルコール製剤は効きにくい特徴があります。


代表的なウイルス

エンベロープウイルス

新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルス、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、RSウイルス、ムンプスウイルス、ヘルペスウイルス

ノンエンベロープウイルス

ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス、ポリオウイルス

手指消毒について、pHを酸性に調整することにより消毒効果を高め、ノンエンベロープウイルスを含む幅広いウイルス・細菌に有効なアルコール手指消毒剤があります。
詳しくは、以下のおすすめ商品から製品情報をご覧ください。

 

関連情報
ニュースリリース『ノンエンベロープウイルスに対するアルコール製剤の有効性について

 

・大久保憲・尾家重治・金光敬二 編集. 〔2020年版〕消毒と滅菌のガイドライン, へるす出版, 2020, p.122.